スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

NINAGAWA・十二夜@歌舞伎座

7/19に歌舞伎座で、菊之助主演の「十二夜」という歌舞伎を感激してきました。蜷川幸雄が今回は演出を担当、というのもこの作品、もともとはシェイクスピア原作のものなのです。

演劇に詳しい人なら知っているとは思いますが、
この作品は本当にシェイクスピア的な要素の強い
ザ・シェイクスピア喜劇。
(勘違いだったり、すれ違いだったり)

歌舞伎も「○○実は●●」なんていう途中で正体を明かすようなお芝居がたくさんあるので、そういう点では共通していてわりと歌舞伎の話として違和感はなかった。


喜劇ということもあって、今回道化役に扮したのが
松禄さんと菊五郎パパ。
特に松禄さんのバカっぷりはすごくて、本気でおなかをかかえてわらってしまうくらいだった。
あと、亀ちゃんの麻阿が最高によかった!!!
こういう強い女の人、いるいる!って誰もが思うようなすんばらしい仕草に感動。リアル女性と見まごう程でした。
ストーリーの中でもかなりスパイスになる役どころで、
亀ちゃんがよすぎてうっかりファンになりそうだったよw


特徴的だった蜷川演出としては、鏡かな。
始まりは大きな鏡で客席を映し出して、その向こう側から大きな桜と歌う少年が幻想的に浮かび上がってくるというものだったんだけど、そのあとのどの場面でも必ず鏡があった。
襖だったり、屏風だったり、壁だったり、いろんなところに効果的に鏡が使われていて、後ろを向いたときの役者さんの顔がちらりと見えたときなんてゾクゾクしてしまった。

それから今回は双子の兄弟の役を菊之助が一人二役でやっているので、最後に二人が対面するところは、びっくりするような演出が・・・!さて、どういう演出だったでしょう?

私は一番前でみていたので思わず笑ってしまいました(笑)





そう、今回は一番前のお席だったのですよ。初体験。
舞台が近すぎるので踊りのときに足が見えないのは致命傷なんだけども、役者さんの息遣いや表情がよく見えるのは最高!
美しい菊さまの顔をまじまじと、とろけるようにながめてまいりました(うっとり)
隣の席になったおばさまとも、幕間に楽しくおしゃべりをさせていただいて、とても楽しい観劇になりました。
いつか吉兆で幕間のお食事ができるくらい金銭的余裕ができるといいなぁw


またこれくらいの贅沢はちょくちょくしたいものです。
お金っていくらあっても足りないわ。
chilly * 歌舞伎こぼれ話 * 23:20 * comments(2) * trackbacks(0)

松竹と歌舞伎

8日は松竹のES締切日。
本命なのに、またESを書き上げるのが朝になったorz

眠い目をこすりながら9時半ごろに東銀座に到着して
京橋郵便局から速達でESを出す。
もう郵便局の人もわかっていて「速達でいいですね?」と。
ここはADKのES出した時も来たから当日の朝速達で出すのは二度目。
ADKのは届いたようだったので松竹も届きますように。
目の前だから届くよね。届かなきゃ泣く!本命なのに!!
(だったら余裕を持って出しましょう)



ミッション終了!
ふらふらと歌舞伎座の前をとおってみたら、幕見の券の列がもうできてる。
へぇ、と思ってなんとなく並んでみたんだけども、
そしたら30分くらいで後ろにものすごい列ができちゃって
もったいなくて抜けられなくなっちゃったの(笑)さすが勘三郎!

そのまま口上まで観劇しました。
ものすごく眠かったはずなのに、すごく楽しかった!
例によって前後のおばちゃんとの交流もたのしくて☆
奮発して高いお弁当食べました。
へへへ。


松竹のES出した帰りに歌舞伎って、なかなか素敵だ。
たまには息抜きもいいんじゃない。
そんな昼下がり。
chilly * 歌舞伎こぼれ話 * 22:55 * comments(0) * trackbacks(0)

市川海老蔵襲名披露 吉例顔見世(夜の部)

母親がナフコ(笑)の抽選で当てた顔見世のチケット
結局私が一緒に行くことになりました。
今回の顔見世、昼の部も夜の部も人様のおこぼれでタダで見てます。
人脈って大事。

前の日にディズニーとかいう
自分の歳を全く考えない行程を組んでしまったために
今朝春日井に到着してから爆睡で、
2時に起こせといったのに母親は3時におこしやがりました。
4時からだってば!ばかばか!(号泣)

先に出た母親にパンフを持ってってと頼んで
急いでメイクをして身支度をして走って駅に行く。
ホームで母と落ち合う。
・・・・・・・ん?!ママなにそのカバン!!!ちっちゃ!
「パンフはっっっ!!!!」と鬼の形相で問い詰めると
「入らないから置いてきたよ〜」と。
だから出待ちしたときにサインもらえるっていったじゃん!
ばかばかばかばかばか!取りに帰る時間もないので泣く泣く御園座へ。


今回もタダってことでお食事は奮発して予約☆
するとすぐに一つ目の演目『熊谷陣屋』が始まりました。

この話は前にも見たことがあったんだけど
今回名古屋に来ている役者陣の中では大御所さんたちが演じていて
深く感情移入できる仕上がりになってました。ホロリ。
どんでん返しの連続で歌舞伎の醍醐味って感じ。実は!っていいよね。


一回目の幕間では名物の最中アイスを食す。
うんまい☆歌舞伎と言えばコレに限るねっ!
そして初日にはなかった舞台写真を眺めて
菊之助丈の揚巻を一枚ゲットしました。綺麗・・・。


そしてそして、襲名披露の目玉、口上!
役者がずらっと舞台に一列に並ぶ様は圧巻でした。
そして海老蔵の凛々しいこと!
襲名が決まった頃はまだ迷いがあると言うか頼りない感じがしていたのが、
何ヶ月も襲名披露公演をしてきて自信がついたのか堂々としていて、
大勢の役者達の中心に立っても十分に光を放てる存在になっていました。
にらみの見得を披露した瞬間、ぞくぞくするくらいキレがあった。
海老様ファンになってしまいそう。
もちろん我らが菊之助も相変わらずの美貌と美声でしびれさせてくれました。


二回目の幕間はお食事。
おいしいお弁当に満腹になったところで、
いよいよクライマックスです。

『助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)』!
海老蔵はもちろん花川戸助六、
そして今回はなんと菊之助が三浦屋揚巻を初演!
美しすぎるコンビです。
菊之助の揚巻が登場した瞬間、客席から溜め息が漏れてどよめきが起こった。なんときらびやかな!「最上級のおいらん」にふさわしい美貌に思わず見とれてしまいました。素敵だなぁ。
もちろん海老蔵の助六も勢いがあって素敵でしたよ。
喧嘩好きで手の早い江戸っ子。あのお決まりの啖呵も聞けました。
あんな恋人がいたら意休みたいなじーさんは相手にしたくないよね(笑)
揚巻が意休に対して悪態をつくところや
助六と兄の曽我十郎が通行人に対して悪さを働くところなんて
おかしくておかしくて!名古屋ネタも盛り込まれてました。
もとは上方ネタらしいけど江戸歌舞伎のよさがいっぱいつまった演目だなぁと改めて思った。
海老さまの声が団十郎丈に似てきたようにも感じた。
ちょっと貫禄でてきたかな?それともおじいさまに似せようとしてる?


終わったあと出待ちをしました。
襲名披露公演の間は出待ちをしているファンにたいして
サービスとしてサインをしてくれるのだけど、
前述の通り母親がパンフを置いてきたため書いてもらうものがない・・・
それでもひと目見たくて待っていたら、30分ほどで登場!
なんか作務衣みたいの着てる・・・?!めがね・・・?!
しかも超無愛想でめんどくさそう・・・。
かっこよかったけどなんか少しショック。
舞台で見た生き生きとした海老蔵を思い描いていただけにテンションが落ちかけ・・・と、そこに

愛しの菊之助が!!!

海老蔵がサインをしている間にさささーっと帰ろうとしたんだと思うけど
案の定つかまってました(笑)
海老様とは対照的に菊ちゃんはきちんと白いシャツにネクタイのスーツ姿。
あぁ、まぶしい。輝いている。
しかも肌つるつるだし、目くりくりだし、まつげ長いし、思ったより華奢。
なんていうかもう・・・可愛い!
さっき買った舞台写真にサインをもらおうと思いついて人をかきわけて近づいていったんだけど、なんか人に押されて密着状態に!ぎゃああああ!
数人サインをしたところで車に乗ってしまってサインはもらえなかったんだけどあんな至近距離で見れたこと、手に触れられたことに夢見心地でした。
車に乗り込んだ後にすぐ信号待ちで止まったんだけど、
そこでも窓からこちらを見ていてくれて、
手を振るファンに照れくさそうに返したりしてました。
運転手さんも気をきかせて歩道側に車を寄せてくれるサービスを(笑)
車に乗った後でも笑顔を絶やさない菊ちゃんにマジ惚れ!
なんて素敵なんだろう・・・またしばらく恋ができなそうです。
(現実と非現実をごっちゃにする頭の悪い病気再発)


歌舞伎、最高。(本当に歌舞伎が好きなんですかアナタ)
chilly * 歌舞伎こぼれ話 * 23:08 * comments(0) * trackbacks(0)

吉例顔見世・海老蔵襲名披露公演

御園座にて、襲名披露公演の初日に行ってきました。
ひさびさってことで萌と9時半に伏見で待ち合わせて、
軽くHILTONの喫茶店でお茶をしつつお話。
恋とか恋とか恋とかの話に花を咲かせつつ、
開場時間になったので御園座に向かいました。

萌の知り合いの坂東の御贔屓さんからいただいた
とちりのとの席のチケットを握り締めて
どきどきしながらの会場入りです。
入るとまぶしいほど大きい「助六」の海老蔵の写真が!
会場内にいくつも飾られていました。カ、カッコイイ・・・
幕間の御食事の予約を済ませて筋書き(今回はいつもの倍くらいの値段でした。分厚いし写真も多い。さすがお祝い事ですね。)を手に入れたらついにお席へ。
うむ。良席。チケットを下さった加藤さんいわく「トイレにもいきやすい席」
うむ。納得!(笑)

私たちが見た昼の部は、源氏物語。
もちろん海老蔵が演じるのは光の君です。
開演の合図があると、会場内は一気に暗転・・・何も見えないくらい真っ暗!
と、思ったところに舞台に浮かび上がったのは光の君の姿。
その姿がまた闇の中に消えてなくなると、物語の始まりです。

このはじまり方も含め、今回の源氏物語はとても凝ったつくりになっていました。
凝った、というのは「現代的な」という意味で。
照明・音楽・演出ともに、いい意味で「古典にはない」こだわったものになっていました。歌舞伎でしかも襲名披露でこの演出をすることに驚きはあったけれど、それもまたチャレンジ精神のあふれた新海老蔵を象徴するようでよかったのかなと私なりに解釈。歌舞伎を見ている感じは全くなかったです。

海老蔵の光の君は、ほんとうに美しい。
「歌舞伎役者」にとって美貌も才能のうちなんだと実感させられました。
光の君という男性に翻弄される女性の切ない気持ちに共感しつつも、
彼に惹かれてしまう気持ちも痛いほどわかる。
美しい海老蔵が光の君を演じたことで、
より女たちの心に入り込むことができるお芝居になっていたと思います。
演技より前に、役になりきれる美しさを彼はもっている。
それは間違いなく「役者」としての才能なんです。
人を惹きつける力が役者には必要なんだから。

我らが菊之助も類まれなる美貌をまたもみせつけてくれました。
今回は朧月夜の役。
薄いピンクの布を身にまとって、
それに負けないくらいはかなげでかわいらしい。
うつむいて涙をおさえるそのしぐさは妖精のように妖しく魅力的で、
女の私から見てもどきどきしてしまうくらい。
海老蔵・菊之助が二人で踊る場面では
客席の空気がピンと張り詰めていて、
流れているのは音楽のみで、
誰もが皆この二人に釘付けになっているのだと肌で感じました。
美しかった。「この世のものとは思えない」という形容詞が文字通りに体言されていました。
素敵☆


会場で、海老蔵のお母様を見かけました。
ドキュメンタリーやらでよくお顔は拝見してたのですぐわかった。
席につこうと客席に入るときに一緒になって、
ドアを開けて差し上げました。
別になにも期待してないですよ?嫁にしてなんて思ってないですよ?(笑)
んでも、萌に冗談で「アピっとかなくていいの〜(萌は海老蔵ファン)」って言おうとして振り向いたらすでに後ろのドアを開けて差し上げていたので心の中で爆笑しました。そのあとすぐ内側のドアを私が開けたんですけどね。えぇ。
海老嫁は萌でいいんで、菊嫁に推薦していただければ!!(ずうずうしい)


夜の部では海老・菊が助六・揚巻を演じてます。
見たいよう。見たすぎるよう。
滞在中にひとりでいってしまうかも。
チケットとお金があれば・・・だけど。ううう。



chilly * 歌舞伎こぼれ話 * 20:46 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ